PrEPの基礎知識|SH外来(エスエイチ外来)

PrEPの基礎知識

PrEPって?

PrEP(曝露前予防内服)とは、性交渉する前からHIVの薬を内服し、HIV感染のリスクを減らすというHIVの予防方法です。
英語の頭文字をとって、PrEPと呼んでいます。

混同しやすいPrEPとPEPの違い

PrEPという予防が考えられる前からPEPという予防方法があります。
名前が似ているため混同しやすいので注意が必要です。
性交渉をする前から薬を飲むのがPrEP、性交渉をした後に薬を飲むのがPEPです。

PrEP

リスクのある行為(例: 性交渉)があった後、HIVの治療薬を内服する

PEP

リスクのある行為に備え、前もってHIVの予防薬を内服する

PEPはあくまで緊急的な予防で、方法は実際のHIV感染症の治療に準じて複数の薬剤を用いて行います。
PEPの詳細を知りたい方は国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター(ACC)のウェブサイトをご参照ください。

PrEPの効果

MSMにおいて、いくつかの研究で高い予防効果と安全性が報告されています。
怠薬なく毎日の服用を続ける事ができれば、90%以上の予防効果があると考えられます。

どんな人がPrEPをするべき?

全てのMSMにPrEPが適している訳ではありません。PrEPはHIVに感染するリスクが高い方に推奨されます。

適応条件

  • HIV非感染者
  • HIV感染のリスクがある
  • 成人
  • 腎臓の機能に異常ががない

推奨される人 (MSMの場合)

  • パートナーがHIVに感染しているが適切な治療を受けていない
  • 最近に性感染症にかかった
  • セックスする相手が多い
  • コンドームを使わないことがある
  • 風俗で働いている

PrEPはどこでできるか

現在世界的にPrEPとして使用を認められている薬はツルバダだけです。
通常、HIV感染症を治療する際にはツルバダと他の抗HIV薬を組み合わせて治療を行います。
一方、PrEPではツルバダの単剤で予防を行います。

ツルバダ (Truvada): Tenofovir/Emtricitabine

ツルバダ

ツルバダはHIVの治療薬の一つです。

内服方法
1日1回1錠を毎日続ける
副作用
短期:嘔気、腹痛、下痢、頭痛、皮疹
長期:腎障害、骨塩減少など

PrEPにツルバダを用いる事は、日本国内で認められた使用法とは異なります。
SH外来でも適応外使用となる旨を御理解ください。

ツルバダについての詳細は、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター(ACC)のウェブサイトをご参照ください。

開始前・開始後に医師の診察が必要

PrEP開始にあたっては、HIVの検査、他の性感染症の評価、副作用の評価などが必要です。
PrEPの薬を個人輸入して開始することはリスクがあるためお薦めしません。

外来で評価する事

  • 既にHIVに感染していないか
  • HIVに新たに感染していないか
  • ツルバダを使用するにあたり腎臓に異常はないか
  • ツルバダによる副作用はないか (身体所見、肝・腎機能の検査)
  • B型肝炎に感染していないか (血液検査)
  • その他の性感染症 (梅毒、淋病、クラミジアetc)に感染していないか

etc

Safer Sexついて

PrEPを開始する事で、コンドームの使用率が減少し、他の性感染症が増えたという報告があります。
一方で、定期的に医療機関を受診する事により、性感染症を早期に診断し治療をすることができる可能性もあります。

いずれにせよ、他の性感染症にはPrEPの効果がないため、Safer Sex使用の重要性は変わりません。

PrEPを行ってもコンドームを使用する必要があります。

PrEPの利点/欠点のまとめ

海外のデータをまとめると、PrEPの予防効果・安全性は高く、欠点よりも利点が大きいものと考えられます(表1)。
PrEPを行うにあたっては、怠薬なく予防を続けること、PrEP以外の性感染症の予防(Safer Sex)を行うことが重要です。

(表1) MSMにおけるPrEPの効果
利点 欠点
HIV感染症を予防できる コンドーム使用率の減少=性感染症の増加
他の性感染症の早期発見 薬の副作用
  HIVの薬剤耐性

PrEPのQ&A

PrEP中にコンドームを使用する必要があるのでしょうか。
PrEPはあくまでHIVの予防方法です。
梅毒や淋病、クラミジアなど他の性感染症を予防することはできません。
PrEP中もコンドームを使用した安全な性行動を心がけましょう。
PrEPを開始後どのくらいでHIVに対する予防効果が出てくるのでしょうか。
肛門性交を行う方が、毎日服用するという方法で予防した場合、薬が直腸組織に到達しHIVに対して予防効果を発揮するのに、7日程度を要します。また、血液や腟組織で十分な予防効果を発揮するのに20日程度かかると報告されています。
お薬はどのように飲んだらよいのでしょうか。
お薬は1日に1回、決まった時間に飲みます。
食事と関係なく内服できるので、飲み忘れなく飲めるタイミング、時間を決めて飲み始めましょう。
お薬の保管はどのようにしたらよいのでしょうか。
お薬は乾燥剤入りのボトルに入っています。ボトルは室温で保管してください。
冷蔵庫や高温になる車内などに置かないよう注意してください。
旅行などでお薬をボトルから取り出して、ピルケースなどに入れて持ち歩くことは構いませんが、1週間分位にとどめましょう。
薬を飲み忘れてしまいました。どうしたらよいのでしょうか。
飲み忘れていることに気づいたら、すぐに飲みましょう。
朝飲むはずのお薬を夜になってから飲み忘れていることに気づいたら、すぐにお薬を飲んでください。
翌朝はいつも通りの時間にお薬を飲んでください。
お薬を飲んだかどうかがわからなくなってしまいました。どうしたらよいでしょうか。
お薬を飲んだかどうか分からなくなってしまったら、とりあえず、お薬を飲んでください。
たまに、1日に2回お薬を飲んでしまうことがあっても問題ありません。
このような状況が頻回にある場合は医師にご相談ください。
ツルバダにはどんな副作用がありますか。

PrEP開始後、腹部膨満感や吐き気、下痢などの症状が出現することがありますが、その程度は軽いものです。症状は数週間以内に消失するでしょう。
これらの消化器症状は、食後にお薬を飲むとか、もしくは寝る前にお薬を飲むなどの工夫によって軽減することがあります。

頻度は少ないのですが、まれに腎臓の機能が低下することがあります。そのため、定期的に腎機能をチェックします。
腎機能の低下が認められた場合には、PrEPを一時中断し、腎機能の回復を待つことがあります。

PrEP開始後に骨密度の低下が起こる可能性があります。その変化はPrEP開始後数か月間に起こり、以降骨密度の低下は見られません。
また、骨折の頻度が増えることもありません。PrEPを中止すると骨密度は速やかに回復します。

持病があって薬を飲んでいます。飲み合わせが問題になることはありますか。
治療が必要な合併症(持病)をお持ちの方、薬を飲んでいる方は、PrEP開始前にお知らせください。相互作用が問題となる薬かどうかを確認します。
PrEP研究参加中に、別の医療機関で処方されたお薬がある場合も教えてください。
PrEP中にホルモン治療を受けることはできますか。
PrEP中にホルモン剤を飲むことは問題ありませんが、飲んでいるお薬は全て担当医に知らせてください。
PrEP中にお酒を飲んでもいいのでしょうか。
PrEP中にお酒を飲んでも構いません。
PrEPを始めたらずっと飲み続けなくてはいけないのでしょうか。
パートナーとの関係やあなたの置かれている状況によってHIV感染リスクは変化します。
HIVに感染するリスクがなくなったり、他の予防方法を使い、Safer sexができるのであれば、PrEPは必要ありません。
性交渉するときだけ内服するのではだめですか?(on demand PrEPについて)
SH外来では「1日1回1錠の内服を毎日続ける」という予防方法(daily PrEP)で研究を行っています。
海外では「性行為の前後の数日間だけ内服する」予防方法(on demand PrEP)も「daily PrEP」と同程度の予防効果があるという報告や推奨があります。しかし、現時点では科学的な根拠は十分ではないと考え、SH外来では毎日内服をする「daily PrEP」のみを行っています。
PrEPをやめたいと思ったらどのようにしたらよいでしょうか。

PrEPをやめる時には事前にご相談ください。
安全に中止するためには、最後のリスク行為から28日間ツルバダを内服した後にやめる必要があります。

また、PrEPで使用しているツルバダは、慢性B型肝炎の治療薬でもあるテノホビルというお薬が含まれた合剤です。
慢性B型肝炎の方が、ツルバダの内服を中断すると、B型肝炎が急激に悪化する可能性があります。
ツルバダの内服をやめる場合には、事前に医師にご相談ください。

現在自分で薬を購入し、PrEPを始めていますが、SH外来で検査を受けることは出来ますか。
PrEPはより健康でいるための方法ですので、体を壊すようなことがあってはなりません。医師の見守りの中で飲み始め、しっかりとしたチェックを受けることが必要です。
すでにご自身でPrEPを始めている方に関しては、健康被害が出ないよう、SH外来で必要な検査を実施しますのでSH外来にいらしてください(自費診療)。
薬剤耐性について教えてください。

HIVに感染している人が不十分な治療を継続することによって、その治療薬に対する抵抗性をもったウイルスが体内に出現し、治療効果が見込めない状態を薬剤耐性の獲得と言います。

HIVに感染していない人がPrEPを始める(ツルバダの内服を開始する)ことによって、ツルバダに対する薬剤耐性を獲得することはありません。
ただし、PrEP中に感染していることに気付かずに、ツルバダを飲み続けた場合には、ツルバダに対する耐性ウイルスが出現する可能性があります。

その場合には、感染者としての治療を開始する際に、治療の選択肢が狭まる可能性があります。
PrEPを開始前だけでなく、開始した後も定期的にHIVに感染していない事を確認しながら、PrEPを継続することが重要です。

PrEPを開始した後に、HIVに感染してしまった人はどのような人ですか。

PrEP開始後にHIVに感染した人は、主に2つのパターンが報告されています。

1つは、PrEP開始時にすでにHIVに感染していたにもかかわらず、ウインドウピリオドであったために、感染していることに気付かずにPrEPを開始し、その後HIV感染が判明したという状況。
もう一つは、PrEP開始後にツルバダの内服がいい加減になったり、飲むのをやめてしまった方の中に、HIV感染が起こっています。

PrEPを始める前に、しっかりとHIVに感染していない事を確認すること、PrEP開始後は飲み忘れなくツルバダを飲むことが重要です。