おしりの性感染症、検査してみませんか?

SH外来とは

この外来は性の健康づくりを応援します。
研究協力者を募集しています。

  • すでに多くのゲイ、バイセクシュアル男性が通院している病院です。
  • この外来はHIV診療をしている外来とは別のものです。

2017年1月より国立国際医療研究センター内にSH外来がオープンしました。

国立国際医療研究センター

この外来はゲイ・バイセクシュアル男性を対象に性感染症の検査と治療を行う研究ベースの専門外来です。症状がなくても定期的な検査と必要な治療を受けて、ご自身のSexual Healthを維持しようとする方々を応援する新しい発想の外来です。

この外来では、最もHIV感染の可能性が高いと考えられている肛門の性感染症とHIV感染の関連を明らかにするために、定期的に(概ね3ヶ月毎)HIV、梅毒、肝炎、肛門・咽頭の淋菌とクラミジア感染症の検査、年に1回のヒト・パピローマウイルス感染症と細胞診の検査を受けて下さる方を募集しています。特に肛門の性感染症検査は、現在保険適応になっておらず、無症状であることから見逃されている可能性がありますので、この機会を是非ご利用ください。

参加条件および詳細は以下のページよりご確認ください。

研究のご報告

2017年から開始したSH外来の研究に、多くの方に参加して頂きました。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。

2017年に参加頂いた方々の診療の結果をご報告いたします。
皆様の性感染症予防に役立てて頂ければと思います。

SH外来では新たにPrEP(曝露前予防内服)についての研究を開始しました。
PrEPについての情報を公開しましたので、ご参照ください。

PrEP研究の参加募集は終了しておりますが、まだまだSH外来の参加者は募集しておりますので、是非ご相談ください。

2018年9月吉日
研究代表 水島 大輔

2017年の報告

2017年の診療結果のまとめ

  • 2017年1月1日から12月31日の間に、183名の方に研究に参加して頂きました。
  • 全体の約30%の方が下記にあげるいずれかの性感染症と診断されました。
  • ほとんどの方が無症状でしたが、検査をして初めて診断されました。
  • HIV感染症に診断された方は7名(罹患率は5.8/100人年)と高い数値でした。
  • 特に重要な疾患の感染者数を表1にまとめましたのでご参照ください。

これまで外来で診断された性感染症

  • HIV
  • 梅毒
  • 直腸肛門クラミジア感染
  • 直腸淋菌感染
  • 淋菌性尿道炎
  • 淋菌性咽頭炎
  • B型肝炎
  • アメーバ赤痢
  • ジアルジア症
  • 尖圭コンジローマ
表1 人数 割合
受診者 合計 183人  
初診時に肛門クラミジア/淋菌と診断された方 31人 16.9%
初診時に梅毒感染の既往があった方 43人 23.5%
初診時に治療の必要のある梅毒と診断された方 8人 4.4%
初診時にHIV感染症と診断された方 5人 2.7%
2回目以降の受診時に HIV感染症と診断された方 2人  

SH外来でPrEP

PrEPとは、HIVに感染していない人が抗HIV薬を内服して、感染リスクを減らすという新たなHIV感染予防策です。

WHOを始めとして、世界各国でPrEPのガイドラインが策定され、HIV感染症の根絶に向けた積極的な取り組みがなされている中、日本国内ではPrEPへの取り組みや、PrEPの情報がほとんどないのが現状です。

本研究では、HIVの感染リスクが高い方に抗HIV薬ツルバダを内服していただき、PrEPのHIV感染予防効果を確認するとともに、PrEPの実行可能性を検証しています。HIV予防の選択肢としてPrEPを確立することを目的としています。